新着記事

「バット・ノット・フォー・ミー」But Not For Me ソロギターtab <1>

ソロギターアレンジ TABスタンダード

作曲:ジョージ・ガーシュウィン George Gershwin (1898年9月26日 – 1937年7月11日)

1930年 ミュージカル「Girl Crazy」より But Not For Me

ご存知ガーシュウィンです
・「サマータイム」(オペラ「ポーギーとベス」より)や・「「アイ・ガット・リズム」(I Got Rhythm)」
・「ラプソディ・イン・ブルー(Rhapsody in Blue)」(TVドラマ「のだめカンタービレ」エンディング曲)
・「サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー Someone To Watch Over Me」(ミュージカル「Oh, Kay!」より)
等々…偉大な作曲家です

ソロギター・アレンジ Key C

・下の楽譜3・4のリードシートをソロギターにアレンジします。・キーをCに変更しイントロ、エンディング4小節。テーマ前半6小節は繰り返しにし、16bar×2。「4、16、16、4小節」になります

ソロギター・アレンジ音源

ソロギター・アレンジ楽譜

バット・ノット楽譜-1
楽譜-1©2021sirogurei.com
バット・ノット楽譜-2
楽譜-2©2021sirogurei.com

サウンドハウス

リードシート Key E♭

・今回のソロ・アレンジ用に採譜しました。複数のジャズミュージシャンの演奏を参考にしていますので、部分的にフェイクがあり得ます。16小節×2

リードシート音源

リードシートtab

バット・ノット楽譜-3
楽譜-3
バット・ノット楽譜-4
楽譜-4

  続きはこちら⇩⇩  


スポンサーリンク

アクセストレード パートナーサイト募集

JAM音楽教室

Michael Kelly guitars ( マイケルケリーギターズ ) / Forte Port Koa エレアコについて⇩⇩

Michael Kelly guitars ( マイケルケリーギターズ ) / Forte Port Koa 
エレクトリック・アコースティックギター
☆サウンドハウスで詳細を確認する⇩⇩

演奏者がモニタリングしやすいポジションに施されたサウンドホールが特徴!演奏時のイマジネーション、パフォーマンスが高まります!エキゾチックなコアトップ、マホガニーサイド/バックによるレスポンスの良いサウンドです。

演奏者がモニタリングしやすいポジションに施されたサウンドホールが特徴!演奏時のイマジネーション、パフォーマンスが高まります!エキゾチックなコアトップ、マホガニーサイド/バックによるレスポンスの良いサウンドです。

2021/03/22ソロギターアレンジ TABスタンダード

Posted by アズB