新着記事  1← ~ →12

「夢で逢えたら」大滝詠一 [演奏・アレンジ解説]☆ソロギターTAB

ソロギターアレンジ TAB,YouTube 楽譜動画,ソロギター・アレンジ方法/演奏解説日本の名曲

作詞作曲 唄 大滝詠一

YouTube楽譜動画⇩⇩

クリック→YouTube楽譜動画

アズ・ビー! この辺の曲さ~…聞いてたか?  

あ、あまり聞いて無いでし…

という訳で楽曲については触れません。


演奏・アレンジ解説

・楽譜は著作権の関係で表示できませんのでYouTube楽譜動画でご覧ください。
解説の指番号等の確認はこちら⇩⇩です


・ソロギター・アレンジの参考にさせて頂いたのは大滝詠一氏の音源です。ラッツ&スターが歌っていて有名ですが、今回は参考にはしませんでした。

・ソロギターで演奏しやすい♯1つの キーG にしました。大滝詠一氏はB♭と思いますのでカポ3で原曲キーになります。(ソロ・アレンジの時にはあまり原曲キーにはこだわりません。あくまでインストです)

1~9小節

・出だし部分がサビです。歌詞は8小節の頭で終わりますが、8~9小節に魅力的なコード進行があります

1~2小節 Am7 D

・Am7の「2弦1Fは1」「1弦3Fは4」で押さえましょう。初心者の方は左小指が大変なようですが、ソロギターでは左小指は必須です(一部の天才を除く)。慣れです

・1小節4拍めの8分音符「ソは4」「ファ♯は2」で押さえて次の Dに備えます。「1弦2Fを2」で押さえておくとDがスムーズに抑える事ができます。「2弦3Fは3」「3弦2Fは1」+「1弦3Fを4」。2小節の1拍めのベース「レ」を弾くときは高音Dコード+1弦3Fが押さえられている状態にします。

8~9小節 G G6 Gmaj7 G6

・Gのレ、G6のミ、Gmaj7のファ♯、G6のミ が素敵なリズムで印象的です。運指は簡単ですので、リズムを決めましょう。聞かせ所ですね。


10~17小節

・ここは左運指はシンプルです。問題はリズムです。ある程度のテンポにメロディーがゆったり乗る感じ。

・特にベースのリズムキープが問題。付点4分音符 付点4分音符 4分音符 をはっきり感じさせるように演奏するには練習が必要です。慣れると右親指が独立して動いているような感覚(言葉では説明が難しいですが)になります。
(昔から弾いている「アンジー」のベースラインは無意識に近い感覚で右親指が動きます。不思議な感じです)


18~25小節

・サビで始まりAメロ、続いて別メロの部分。運指はシンプルです

23小節

・A7は図-1のように押さえておきましょう。このフォームで1~3拍に対応できます。

図-1

24小節 Baug7/B♭

・Baug7/B♭は図-2のフォームで4拍めの「ファ♯」「ソ」にも対応します

図-2

・以後はサビの繰り返しと8~9小節を使ったエンディングです


まとめ

・シンプルな運指を心掛けましたが、リズムで難易度が上がりました。個人的にはリズム優先です。例え運指を変えたり、音を省略してでもリズム優先の考え方です。ご自身の好みで合わせて演奏して頂ければ幸いです



スポンサーリンク

サウンドハウス