新着記事  1← ~ →12

ミューズスコアでソロギターTab譜の作成_10 便利機能<2-2>「ダイアグラム」を作成・表示_2 拡大・縮小、フレット番号など

ミューズスコア楽譜・TAB作成

ミューズスコア 3.0 以降の作業方法になります。注意⇩

ミューズスコアに限らず、アップデートにより不具合が起こる場合があります。
自己責任での作業をお願い致します。

●図2-1 前回で Am G F E7 の各ダイアグラムをミューズスコアに表示させました

ミューズスコア 便利機能<2-2> 「ダイアグラム」2-1
図-2-1


☆「ダイアグラム」を作成・表示_1 からご覧になる方はこちら↓↓


ミューズスコアで楽譜にコードダイアグラムを表示したい方向けの記事の_2です
今回は、ミューズスコアの楽譜に表示した「ダイアグラムの編集」です
・「拡大・縮小」・「配置」・「弦の数」・「フレットの数」・「フレット番号」まで行います


ダイアグラムの拡大・縮小

ダイアグラムのサイズを変更します

●図-2-2「表示」→「インスペクタ」

ミューズスコア 便利機能<2-2> 「ダイアグラム」2-2
図-2-2


●図-2-3 「インスペクタ」が表示されました

ミューズスコア 便利機能<2-2> 「ダイアグラム」2-3
図-2-3 

☆インスペクタ欄は「選択なし」と表示されていますが、「ダイアグラムを選択した状態からインスペクタを表示させる」、または次の「インスペクタ表示後にダイアグラムを選択する」で編集画面が出ます


●図-2-4 赤矢印 「Am のダイアグラム」を選択。 青線の右青〇の上下でサイズを変更します

ミューズスコア 便利機能<2-2> 「ダイアグラム」2-4
図-2-4


●図-2-5 例として 2.00 にしてみます

ミューズスコア 便利機能<2-2> 「ダイアグラム」2-5
図-2-5

隣の G のダイアグラムに比べてだいぶ大きくなりました


ダイアグラムをまとめて 拡大・縮小

☆複数のダイアグラムをまとめて拡大してみましょう。

コードの数が少ない場合は「ctrl」を押したままダイアグラムをクリックしても複数選択ができます。
shift の範囲選択は現時点ではできないようです


●図-2-6 最初のダイアグラムを右クリックし「選択」→「すべての類似した要素」

ミューズスコア 便利機能<2-2> 「ダイアグラム」2-6
図-2-6


●図-2-7 青⇒で仮に2.20まで拡大してみました。赤〇のダイアグラムが大きくなっています

ミューズスコア 便利機能<2-2> 「ダイアグラム」2-7
図-2-7


「配置・弦の数・フレットの数・フレット番号」

インスペクタをご覧いただくと感覚的に理解できると思います

配置

5線譜の上下を指定します(デフォルト上)

●図-2-8 ダイアグラムを5線譜の下に配置してみました

ミューズスコア 便利機能<2-2> 「ダイアグラム」2-8
図-2-8


弦の数

●図-2-8 任意の数を指定します 10弦にしてみました

ミューズスコア 便利機能<2-2> 「ダイアグラム」2-9
図-2-9

7弦ギターや10弦ギターも大丈夫ですね


フレットの数

●図-2-10 これは「ダイアグラムのフレットの数」です。デフォルトの4フレット表示を Am のみ3フレットに変更してみました

ミューズスコア 便利機能<2-2> 「ダイアグラム」2-10
図-2-10

逆に増す事も可能ですのであらゆるコードに対応できますね


フレット番号

●図-2-11 F にフレット番号を入れて G にしてみました

ミューズスコア 便利機能<2-2> 「ダイアグラム」2-11
図-2-11

現在コードネームはダイアグラムと別で変更しなければなりません。
F をクリックして編集状態にして G を入力します。もっと良い方法が分かれば随時報告します


図-2-11 フレット番号の下にある「ナットを表示」はそのままです。ダイアグラムにギターのナットを表示するかしないかです。視覚的に分かりやすいので、私は「チェックをいれて表示」にしています


ミューズスコア 2 より便利で分かりやすくなっていると思います。

ミューズスコアに限らず、アップデートにより不具合が起こる場合があります。
自己責任での作業をお願い致します。

 続きはこちら↓↓  



スポンサーリンク

サウンドハウス

2020/06/14ミューズスコア楽譜・TAB作成

Posted by アズB