新着記事

▲[図解]ギターのフレットでドレミの位置を覚える_5<まとめ1>

初心者ソロギター独学[学習と練習]基礎練習

ドレミの位置を覚える練習は何の為か

ドレミの位置を覚える練習をすると
・コードの音を探せるようになる
・ベースの音を探せるようになる
・ソロのフレーズ作りに役立つ
・楽譜の音がすぐみつかる
・練習で左指が広がるようになる etc…
良い事しかありません!

この練習の注意

*平行移動して使い回しますので開放弦は使いません

*右手の指使い
フィンガースタイルの場合は、人差指から始めて人差指(以下 i ) 中指(以下 m )を交互に。ピックの場合は、ダウンから始めてダウン・アップを交互に。

*遅いテンポで1音1音正確に鳴っているか確認しながら練習しましょう

*無機質な練習は飽きます、指ならしと思ってギターを持ったら最初に弾く習慣をつけましょう

ドレミの位置を覚える第1から第4で、6弦1フレットの F ファから1弦10フレットの D レまで使用しました。左手指使いの型としては第5、第6とありますが、最初はソロギターで使用頻度の高い 第1から第4 の練習をしてください

覚えかたの例 オクターブ音

覚え方として、まず”ド”の位置を覚えてオクターブ違いの”ド”とを覚える等の工夫が必要ですね。大変ですから。

図 5-1 [例] 第4ポジション オクターブを覚える ”ド”

6弦と1弦は開放弦が同じ E ミ なので問題無いでしょう。


図 5-2 [例] 第4ポジション オクターブを覚える ”レ”や”ラ”

オクターブ奏法の時に良く使用するフォームです

図5-1、図5-2のようにオクターブ違いを同時に覚えましょう。他のオクターブ違いも自分で探しましょう

[6弦と4弦] [5弦と3弦]のオクターブは、1フレット空きで、[4弦と2弦] [3弦と1弦]は2フレット間が空くと覚えましょう


第1から第4までのまとめ 図

第1ポジション

第2ポジション

第3ポジション

第4ポジション


無理しないで、ギターを持ったら最初に指ならしとして気楽に練習しましょう。継続する事が大切です

★第5第6ポジション→第5・第6ポジションはこちら


_____

スポンサーリンク

2019/04/04初心者ソロギター独学[学習と練習]基礎練習

Posted by アズB