新着記事  1← ~ →12

★ソロギターへの近道<1>アルペジオ_1[右手の基本] [ソロギター初心者の練習方法]

初心者ソロギター独学[学習と練習]基礎練習,ソロギターへの近道

これからフィンガースタイルソロギターを始める方の(近)道は“アルペジオ"ではないでしょうか。(ピックでも!)

子供の頃、歌が苦手でフラットピック中心のインスト系の時期が長かった私は、ギター練習の休憩にアルペジオ伴奏で流行歌の弾き語りをして遊んでました。(休憩か?)
今思えばこのアルペジオでの弾き語りが後のフィンガースタイルギターへの移行に大いに役立っていると思います。(スタートはクラシック・ギターだったので、指弾きに抵抗がなかったです)

ウィキペディアでアルペジオを調べる

ここでは、ギター演奏におけるアルペジオ奏法についてです

アルペジオのパターンはとても沢山作れると思います。ここでは、極端にシンプルなものからスタートして徐々に変化させて行きます。


はじめに

練習は、右指、右手、右腕の力を抜いたリラックスした状態で行う事が大切です

動画などでギター演奏のフォーム、右手の位置や弦のはじき方等を見てください。いろんなプロの方の映像で確認してください。
クラシック、フラメンコ、フィンガースタイル等でいろんな形があると思います。自身にあった方法を見つけるまでは固定観念は捨ててプロのフォームを参考にしましょう

☆右指に名前がついていますので、覚えてください

・親指  p
・人差指 i
・中指  m
・薬指  a
(・小指 ch ここでは使用しません)

アコギ教本で、親指が T (thumb サム)になっている場合がありますが、ここでは、P です。


アルペジオ_1-1 基本

左手開放でEmの基本アルペジオ

右指
・6弦 親指   p
・3弦 人差指  i
・2弦 中指   m
・1弦 薬指   a

後々曲によって変更した方が良い場合も出てくるかもしれませんが、 最初は指使いを守ってください

・ここは、右指で正確に弦を弾く練習です。
・ミュートはしません。音を伸ばしたままです。
・良い音が出ているか確認しながら弾いてください

ミュート 消音 音楽では音を消すこと

音源 1-1 Em 開放弦でのアルペジオ

楽譜 1-1 メトロノーム付き楽譜


アルペジオ_1-2 ベース変化

ベースが、6弦 4弦 と動きます。5弦を飛ばしますので、親指の移動に注意です。

この場合は各ベース音が1小節分ですのでミュートが必要です。空いている左手なら簡単にミュートできると思います。Emに4弦開放のレの音が入ってEm7なので6弦ミの音が鳴っていてもコード的には崩れません

音源 1-2 Em 左手開放/べース変化

楽譜 1-2 メトロノーム付き楽譜


スポンサーリンク

これからのカポタストはこれ!
GLIDER ( グライダー ) / THE ROLLING CAPO
サウンドハウスで詳細を確認する⇩⇩


アルペジオ_1-3~1-6 バリエーションx4

音源 1-3 Em 音数を増やす

楽譜 1-3 メトロノーム付き楽譜

1-4


音源 1-4 Em 低音と高音を同時に弾く

楽譜 1-4 メトロノーム付き楽譜


音源 1-5 Em 高音2音同時

楽譜 1-5 メトロノーム付き楽譜


音源 1-6 Em 3連符を使用する

楽譜 1-6 メトロノーム付き楽譜

今回のようなアルペジオを自然に自由に(できれば音楽的に)弾けるようになるとフィンガースタイル・ソロギターに近づいた事になるのではないでしょうか

動画で学習する

アズ・ビーYouTube楽譜動画「アルペジオにメロディーを入れる」 ⇩⇩



_____

スポンサーリンク