新着記事  1← ~ →12

[解説-2]「スローモーション」
中森明菜 / 来生たかお☆ソロギターtab

ソロギターアレンジ TAB,YouTube 楽譜動画,ソロギター・アレンジ方法/演奏解説演奏解説,日本のポピュラー

作曲:来生たかお 作詞:来生えつこ 編曲:船山基紀 1982年 中森明菜

ユーチューブ楽譜動画リンク

演奏・アレンジ解説 [解説-1]からご覧ください。


[解説-1]の復習 「Aパートのベースライン」

解説1に後で追加した9~16小節「Aパートのベースライン」の復習です。(未確認の方用)

音量注意 音源1-1
解説-2スローモーション解説1ー図-11
解説1ー図-11


演奏・アレンジ解説 [解説-2] Bパート~

指番号や記号についてはこちら⇩⇩


Bパート 21~28小節

・Aパートに比べてコードや運指がシンプルですが、ここもベースラインのリズムが難しいです。

・ソロアレンジのベースラインの確認。Bパート「21~28小節」

音源2-1

スローモーション解説2-図-1
解説2-図-1

・ベースだけの練習は、ソロギターでの運指と変わってしまうのであまりお勧めしてませんが、今回のアレンジはベースラインのリズムが難しいのでご参考までに。


C1.C2パート 29~46小節

33~34小節 F♯m7(♭5)

・ベースに親指を使用しない場合 F♯m7(♭5) 

スローモーション解説2-図-2
解説2-図-2

・ベースに親指を使用する場合 F♯m7(♭5) 「ローコードのAmフォームに6弦+6弦2F」なので簡単ですね

スローモーション解説2-図-3
解説2-図-3


スポンサーリンク

dTV

アフィリエイトのアクセストレード

43~46小節

・高音部ミュートです。 音源2-2 解説2-図-4 参照

29~46小節 ベースライン+ミュート部分

音源2-2

スローモーション解説2-図-4
解説2-図-4

47~54小節 間奏

・ここは特に問題ないでしょう。Cパート繰り返しでエンディングへ

55~63小節 エンディング

・テンポを落として最後ルバートです。「テンポ・ルバート」(tempo rubato)自由な速さで

テンポ・ルバートはセンスが問われます。簡単な所が速くて難しい所が遅くなるのは単にリズムの乱れです。
先ずルバートで「歌ってみて」その雰囲気をギターに置き換えましょう。

まとめ

・音楽は楽しいものですが、より楽しむ為には多少の学習も必要です。楽しみが広がります。
 ギターも同じです。難易度の高い曲は最初は辛いですが、学習・練習を乗り越えて弾けるようになってくると楽しくなりますね。楽しくなるまでが大変です。「この曲を弾きたい」という強い気持ちが大切です。

・今回のアレンジは原曲の「メロディー」「アレンジ」がとても良くベースラインがかっこいいので楽譜の見た目より弾き難いと思います。ゆっくり練習する事です。

[解説1]はこちら⇩⇩


スポンサーリンク

いい音で弾こう!
BOSS ( ボス ) / Acoustic Singer Live LT
サウンドハウスで詳細を確認する⇩⇩

コンパクトなボディに十分な音量、高い操作性を兼ね備えたBOSSの最新アコースティックアンプ。クリアでナチュラルなサウンドは使いやすく、アコギアンプの新定番となるでしょう。
・ボーカル・トーンに艶を加えるENHANCE機能をマイク・チャンネルに装備
・ギター・チャンネルにはDELAY / CHORUS、マイク・チャンネルにはDELAY / ECHO、両チャンネルそれぞれにREVERB を搭載
■アコースティックギター用アンプ
■出力:60W
■サイズ: 幅 (W)364 mm 奥行き (D)271


☆アマゾンでチェック⇩⇩

フットスイッチ/FS-6+接続ケーブル付⇩⇩